台風21号で、近畿の屋根に多数の被害が発生!

台風21号で、近畿の屋根に多数の被害が発生!

久しぶりに更新します。

さる10月22日、近畿地方に上陸した台風21号は、各地に大変な被害をもたらしました。

近年大阪では大きな台風が来ても、大雨による川の増水などの被害は発生しましたが、強風被害については波板や雨樋の飛散程度で、大規模な屋根の被害状況というのは極めて限定的でした。

しかし今回は、台風慣れしていない大阪府民にとっては、まさに想定外の出来事でした。

カラーベスト屋根の棟板金の飛散、スレート屋根の飛散および破損、瓦棒などの板金屋根の捲れ、極めつけは重量があり、しっかり固定されているはずの瓦屋根の破損、棟瓦の崩れなど、地方のニュースで見たことがあるという状況を、職人歴25年目にして大阪で初めて目の当りにしました。

翌日から当店では、普段の10倍以上のお問い合わせの電話が殺到し、11月も終わろうとしている今日現在でも、屋根の修理をお待ちいただいているお客様が複数件ある状況で、とても更新できる状態ではありませんでした。

なんとか当店の職人達もいち早く工事にかかれるよう、全力を注いでおりますので、何卒もうしばらくお待ち願います。

この度の台風で被害を受けた方々に、心よりお見舞いを申し上げます。